読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーレスターのプレミアリーグ優勝から学ぶ、弱者がビジネスに活かすために押さえるべき2つの秘訣

渡部です。

 

 

昨年2016年、サッカーイングランド・プレミアリーグレスター・シティがクラブ創設から133年目にして初優勝を遂げました。

 

 

これがどれ位凄いことなのかというと、

 

 

ブックメーカーという日本でいうサッカーくじtotoのような海外の賭けサイトは、オッズで5000倍を出していました。

 

 

これはネッシーが見つかれば500倍、エルビス・プレスリーが生きていれば2000倍と言われている倍率よりも高くなっています。

 

 

それほどありえないことが起こったということですね。

 

 

「おとぎ話」のようで団体競技の歴史上最もあり得ない勝利」とも言われています。

 

 

これは色々な幸運も重なったこともありますが、大きな理由として、

 

 

「一体感」

 

 

「やりたいことではなく、やるべきことをする」

 

 

この2点が大きな要因になったと考えてます。

 

 

まず一体感ですが、

 

 

これは別の言い方をすると、「チーム全員がゴールに向かって同じ方向を向く」ということです。

 

 

この場合は、リーグ優勝ですね。

 

 

決まって強いチームは、明確な目標のもと、監督と選手がその目標(優勝)に向かって一丸となって戦ってます。

 

 

これをビジネスに置き換えると、

 

 

やはりビジネスも1人で出来ることには限界があり、(例えばプログラミングを学んだことがない人がいきなりホームページを作れないように)

 

出来ることを大きく広げるためにチームを組んで進めていく必要があります。

 

 

集客目的でまずサイト内のコンテンツを強化しようと決めたのに、デザインが集客に繋がると思い、サイトのデザイン性を重視していれば、進む方向がバラバラで進むスピードが遅いのは明らかです。

 

 

次に「やりたいことではなく、やるべきことをする」ですが、

 

 

ラニエリ監督率いるレスターは、「固く守ってカウンター一発」というこれぞイタリアという戦術をとっていました。

 

 

『固く守ってカウンター』という戦術は、弱小チームが強豪チームと当たる時の定番ともいえる戦術です。

 

 

しかし、この守備を献身的にするということは、やろうと思って出来るものではありません。

 

 

例えば世界のスーパースターメッシやクリスティアーノ・ロナウドは、攻撃に力を注ぐ分、守備は残りの選手にある程度任せます。

 

 

しかしレスターは、全員が守備と攻撃どちらも全力で走ります。

 

 

なぜか?

 

 

そうしないと、シンプルに資金が豊富なチームに勝てないからです。

 

 

メッシやロナウドといったスーパースターがいれば、ゴールを量産して華麗に勝ち進むことが本来やりたいことだとすると、

 

 

資金がない弱小チームがやらなければいけないことは、泥臭く全員が守備をして、一瞬のスキを突いて勝利をもぎ取ることがやるべきことです。

 

 

ビジネスに置き換えると、

 

 

やりたいことは、資金が豊富にある大企業のように、一気にお金を投入して最新技術を駆使して一気にビジネスを加速させることだけど、

 

 

個人のような弱者がやるべきことは、地道に人に会うや、実績をコツコツ積み重ねて小さな針の穴を通すような武器を磨き上げていき、差別化を図って生き残ることです。

 

 

このように、客観的に今の自分の状態を見極めて、やるべきことをする。

 

 

これは分かっていても、やろうと思うと意外に難しいものです。

 

 

なぜなら、スポーツであれば優勝という明確な目標を立てやすいですが、

 

 

ビジネスはそう言ったゴールは自分で決めなければいけないため、方向性が合っているのか間違っているのか判断がつきにくいからですね。

 

 

そういった意味で、第三者の視点、コーチ視点で少し距離を置いた所から見てくれる人がいれば、正しい道に軌道修正してくれて助かります。

 

 

スポーツでは監督、

ビジネスではコンサルタント

軌道修正してくれる人に当たりますね。

 

 

ということで、サッカーレスターのプレミアリーグ優勝から学ぶ、弱者がビジネスに活かすために押さえなければいけない2つの秘訣

 

 

「一体感」と、

 

「やりたいことではなく、やるべきことをする」でした。

 

 

さらに体系立てた無料メールレターも配信していますので、ぜひ読んでみてください^^

 

 

興味深い内容になっていますので。

 


それでは、また次回をお楽しみに!

アイスホッケー映画「ミラクル」から ビジネスに活かせる2つのキーワードとは

渡部です。

  

アイスホッケー映画「ミラクル」ですが、

大まかな内容を書くと、ハーブ・ブルックス

ヘッドコーチに率いられた

大学生の寄せ集めチームである

アイスホッケーアメリカ合衆国代表

レークプラシッドオリンピック

金メダルを獲得するまでを描いています。

 

当時史上最強といわれていた

五輪4連覇のソビエト連邦代表に勝った試合は

氷上の奇跡と呼ばれています。

 

この映画で伝えようとしていたこと

それは、

 

『自信』と『信念』を持つ

 

この2つのキーワードです。

 

この映画の中では、「体力」だけは

ソ連に負けないようにしようと

過酷な練習を積んでいきました。

 

そのような過程の中で、

選手の中に勝てるという「自信」と

アメリカの為に戦うという「信念」が

確立されていったのです。

 

この、体力だけは負けない、

これは言い換えれば「武器」です。

 

ビジネスであれば、

自分はこれだけは負けない

という部分を持つ

 

これが「差別化」へと

繋がって、ポジションを

確保することが出来ます。

 

また、選手のメンタル面の意識の

変化がとても印象深く、

(若干ネタバレになりますが)

 

最初は

 

・人気を得たい

・名声を得たい

・モテたいという

 

満たしたい欲望から、

 

国を背負った代表として

戦うんだという「使命」に変わって

いったのが、とても印象的でした。

 

ビジネスであれば、最初は

 

・稼ぎたい

・モテたい

・社会的に認められたい

 

という欲求から、

 

次第に困っている人を

事業で救いたいという

社会的使命に変わっていく。

 

アイスホッケーの選手と

メンタルの移り変わりが

非常に似ていますね。

 

このように、スポーツと

ビジネスは共通する部分が多く、

学べることが数多くあります。

 

これからもイメージしやすいように

分かりやすくご紹介していきますね。

 

以上、アイスホッケー映画「ミラクル」から

ビジネスに活かせる2つのキーワード

 

『自信』と『信念』を持つでした。

 

スポーツ×ビジネスをさらに体系立てた

無料メールレターも配信していますので、

ぜひ読んでみてください^^

 

興味深い内容になっていますので。

 

それでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました。

世紀の番狂わせを演じたラグビー日本代表から学ぶ ビジネスで「弱者が強者に勝つ」ためにすべき2つのこと

渡部です。

2015年W杯

ラグビー史上最大の番狂わせと
言われている
日本×南アフリカで、

日本の同大会24年ぶりの勝利を、
優勝回数2回の南アフリカ代表から
掴みとったことを知っている人は
多いと思います。

https://thepage.jp/detail/20150920-00000001-wordleafs
THE PAGE 2015.9.20より

これがどれ位すごいことなのかというと、
的確な例えかどうかは置いておいて
インパクトがあった例えでいうと、

桐谷美玲レスリングで
吉田沙保里に勝つくらい凄いこと
とありました。

それほどありえないことが
起こったということですね。

この時の日本代表を率いていた
監督がオーストラリア出身の
エディー・ジョーンズ監督という
方なのですが、

そのエディー監督が著書で
言っていて、私がビジネスで
応用できると思った2つのことが、

1.「明確な目標を持つこと」

2.「短所と思われるところを長所に変える」

この2点です。

まず1.「明確な目標を持つ」ですが、

具体的にいうと、
キーポイントは3つあり

それが「数値化」、「期限」、
「不可能そうな目標」です。

具体的な数字で達成できたか
分かり、かつ不可能そうな目標
であることが眠った力を呼び覚まさせます。

ラグビー日本代表であれば

「3年後のW杯で南アフリカに勝ち、
世界のトップ10に入る」

といったものです。

ビジネスでいうと
半年後に月収100万円を達成し、
脱サラして起業するなどですね。

もう1つの2.「短所と思われるところを
長所に変える」ですが、

これはラグビーでいうと、

体格で日本人は外国人に比べて
圧倒的に劣ります。

これはどうしようもありません。

なのでエディー監督はこれを
逆手にとって、

日本人の特性を活かした
「スピード」と「低い所を攻める」

に特化して練習を行いました。

体格の大きい外国人はパワーがある分、
スピードが劣り、低いところが苦手だからです。

そうした結果、劇的勝利をものにした
ということですね。

これをビジネスや自分に置き換えると、

集中すると周りが見えなくなる
という特徴が自分で欠点と考えて
いるのであれば、逆をいえば
1つのことに対して突き抜けて
極めることが出来るともいえます。

アインシュタインエジソン
そうですね。

このようにあらゆる物事には
長所と短所があり、それらは表裏一体
となっていて、

この2点はそのままビジネスにも
応用出来ます。

ということで、

1.「明確な目標を持つこと」

2.「短所と思われるところを長所に変える」

この2点を意識して実生活に
取り入れてみてください。

ふとしたきっかけで
行き詰まっていたことが
好転するかもしれませんね。

 

■■追伸■■

さらに体系立てた
無料メールレターも配信していますので、
ぜひ読んでみてください^^

興味深い内容になっていますので。

無料メールレターはこちらから

「弱者が強者に勝つ」成功脳スポーツ×ビジネス起業術
7日間無料メール講座(アクティブな会社員の方,これから何かしたいという向上心がある方向け)
https://goo.gl/7OLpgt

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

ブラッド・ピット主演映画「マネー・ボール」から学ぶ「弱者が強者に勝つ」為に必要なたった1つのこと

渡部です。

2017年からはテニスを再開しようと
考え中です。

体を動かすと新鮮なアイディアも
浮かぶし、気分もスッキリするので
いいことづくめですよね^^

さて、本題の

大リーグ映画「マネー・ボール」から
学ぶ「弱者が強者に勝つ」ために必要な
たった1つのことですが、

因みにこの映画を見たことは
ありますか?

大まかに言うと、オークランド・アスレチックス
ゼネラルマネージャー、ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)
が「セイバーメトリクス」と呼ばれる選手の評価や戦略を
データで分析する手法を用い、経営危機に瀕した球団を
V字回復させていく

という内容なのですが、

映画の中の1シーンにビリー・ビーン
スカウト陣が会議する場面があります。
(若干ネタバレ)

スカウト陣が選手の顔つきや
表面上の本塁打数などの数字だけを
見ながら選手選考している中、

ビリー・ビーンは、

「資金がある球団と
資金がない球団、この不条理な条件の中で
他と同じことをしていたら一生勝てない」

という旨の、1人全く違う視点から
このように発言しました。

ここに全ての本質が詰まっています。

この映画から学べるたった1つのこと、
それは、

「お金がなければ頭を使うしかない」

ただこの1点のみです。

思いきりベンチャー企業の考え方ですね(笑)

今となっては全ての選手の傾向や
球種などあらゆるデータを取ることは
当たり前となっていますが、

2002年当時は、基本的にスカウトの
長年の経験と勘を頼りに選手を獲得していました。

そのような中で、アスレチックスのような
数字、データを分析してその結果を元に
選手獲得することは画期的でした。

「頭を使う」「自分で考える」

これは実は意外に中々出来ないものです。

今「セイバーメトリクス」を取り入れても、
どこも取り組んでいるので全く意味がないように、

他と違うやり方かつ効果が実証される
方法である必要があります。

なので、いきなり頭を使えと言われても
どうすればいいのか戸惑うかもしれないので、
1つだけご紹介すると、

「常識といわれていることを疑ってみる」

これを意識してもらいたいと思います。

日常の中や、今いる職場の中で
常識といわれていることに
「本当にそうなのか?」と疑問を持ってみる

色々あると思います。

この報告書は果たして本当に必要なのか?

そもそも9時出勤17時退勤は世界から
見たら常識なのか?

なぜ世界地図は日本が中心なのか?
(オーストラリアの世界地図は
オーストラリアが中心になっています)

と、この思考を持った瞬間、新しい世界が
パッと拓けてくることでしょう。

この積み重ねが、本当の意味で
頭を使うことに繋がってきます。

そうして是非得たい未来を
実現してもらいたいと考えてます。

「今日の常識は明日の非常識」ですね。

ということで、ブラッド・ピット主演映画
マネー・ボール」から学ぶ「弱者が強者に勝つ」
為に必要なたった1つのこと

「お金がなければ頭を使うしかない」でした。

■■追伸■■

さらに体系立てた
無料メールレターも配信していますので、
ぜひ読んでみてください^^

興味深い内容になっていますので。

無料メールレターはこちらから

「弱者が強者に勝つ」成功脳スポーツ×ビジネス起業術
7日間無料メール講座(アクティブな会社員の方,これから何かしたいという向上心がある方向け)
https://goo.gl/7OLpgt

それでは、最後までお読みいただき
ありがとうございました。