人はなぜ山に登るのか?

今回のブログはやりがい、モチベーションについてです。

ノンフィクション作家の沢木耕太郎氏が書いた「凍」という登山、人間の絆が描かれている本の中で

 

世界的クライマーの山野井泰史氏は
その過酷な登山の中で、両手の薬指と小指、右足の全ての指を切断する重傷を負う。

命を落とす可能性もあるくらい危険なことだと分かっていても登ってしまう。

そこには苦しいという感情を超越した奥深いやりがいがあるのではないかと思います。

頂上に到達した時の達成感

前進していることが分かる

言葉では表せられない感情など。

 

f:id:globalhope:20180408154711j:plain


ここで2通りの条件を設定した面白い実験が1つあります。

人のモチベーションに関しての実験です。

ブロックでロボットを組み立てる実験で、

1.まず3ドルでロボットを組み立ててもらう。

2.作り終わった時点で2個目を作ってもらえるか聞く。
その際の報酬は30セント下げて2ドル70セントになる。

こうして作り終わるごとに30セントずつ報酬を下げていって時間がお金に見合わないと感じてもらうところでやめてもらいます。

これが1通り目の実験です。

 

2通り目の条件は
シーシュポス条件と呼ばれるもので

 

神を怒らせたシーシュポスは、神々の怒りを買ってしまい、大きな岩を山頂に押して運ぶという罰を受ける。しかし、山頂に運び終えたその瞬間に岩は転がり落ちてしまう。何度山頂に運んでも、結局は同じ結果にしかならないというシーシュポスの神話からきてます。

 

基本的に1つ目の条件と同じですが、

1つ違うところは最初に作ってもらったロボットを「目の前で壊す」ことです。

そうするとどんな実験結果になったか?

1つ目の方が

目の前で壊すシーシュポス条件より4回多く組み立てるという結果が出ました。

 

さらには、1つ目の条件では組み立てることがものすごく好きな人は、そうでない人と比べてより多く組み立てましたが、
 

シーシュポス条件では、組み立てることが好きな人もそうでない人も同じく少なくなり、好きなことに対するやる気さえも奪ってしまったのです。

f:id:globalhope:20180408154816j:plain

 

ここから分かることは

同じことの繰り返しで、報われない徒労感を感じることにはやりがいを見出せず、モチベーションも低下するということです。

じゃあどうすればいいのか?

ハッキリ言って、これには答えがありません。

自分で見つけるしかないのです。

仕事の中のプロジェクトであれば、ゴールはどこで自分の役割は何で、と明確に決まっていることが一般的ですが、

プロジェクト自体が中止になれば一気にやり場のない虚無感に襲われます。

登山であれば頂上という目標が明確にあります。

しかし、大きくなりますが人生には明確なゴールはありません。

結局は人生の目的は自分で決め、自らの手でやりがいを見つけることでのみ、明るい未来を切り拓けるのだと僕は思います。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、そこに希望があると信じてます。

最後はあまりまとまりのない内容になりましたが、シンプルにいえば

興味が湧くこと、やっていて飽きないことをどんどん深掘りしていけばいいのだと思います。

 

追伸:会員制コミュニティを構築
するためのメルマガも書いているので
合わせてご覧ください。

global-hope.net